中卒の就職と仕事探し






 中卒で仕事探しをする人も少なくありませんが、その多くは高校を中退して学歴が中卒となった人です。戦後の日本の高度成長期には中卒は、金の卵と呼ばれていました。これは当時の日本では高校や大学へ、進学する若者がまだまだ少なかったからです。

 しかしその後は高校への進学率が高まり、経済的な理由などから中学校を卒業して、そのまま就職をする若者の数は減ってきました。それでも高校へ進学しても授業に付いていけなかったり、学校で苛めなどに遇って高校を中退する若者の数は増えています。

就職を希望してもアルバイトに就く若者も多数

 高校を中退した若者も別の高校へ改めて入学したり、高卒認定試験を受験し合格した後に大学へ進学する若者もいます。しかし中には学業があまり好きでなかったり、自分がしたい仕事などがはっきり決まっている場合などは、仕事探しを始める若者も当然ですがいます。

 ただ問題は今の日本では最終学歴が、高卒だというのが常識のような認識があります。そのために本当は正社員としてちゃんと就職したいのにできずに、条件が悪いアルバイトに就く若者の実態があります。

中卒者を支援してくれる就職情報サイト

 中卒でもアルバイトであれば、採用してくれる職場はたくさんあります。アルバイトも仕事を経験するという意味では良いかもしれませんが、長期的に考えれば正社員として就職したほうが色々な面で良いと言えます。ではどうすれば中卒で正社員として、就職することができるのでしょうか?そのポイントはこの3つです。

  • 知り合いに相談したり、ハローワークで仕事探しをするのも一つの方法です。
  • それでも自分が希望するような仕事探しが出来なかった場合には、中卒者向けの就職情報豊富な就職サイトがお勧めです。
  • もし中卒での仕事探しに不安がある場合には、担当者が付く就職支援サービスの利用もお勧めします。履歴書の添削や面接のセミナーなど、全て無料で受けることができるからです。

medal_01_new

nextmini

リクナビNEXT [中卒者の支持率No1][登録時間3分]
next.rikunabi.com
あらゆる層に対応する総合求人サイト。学歴・飲食経験・社会人経験不問!フリーター、元ニート、中卒、様々な方が活躍中

リクナビNEXTがおすすめの理由
詳しくはこちらで解説してあります。
リクナビNEXTを利用した、中卒者ならではの就職方法とは

中卒の就職・仕事探しはどうすれば良いのか

 そして、大事なことは、どんな仕事に就きたいかを決めることです。例えば看護師やヘルパーになりたいのであれば、中卒でも資格は取得し、なれることができます。正看護師の看護学校に入学するには高卒以上の学歴が必要ですが、准看護学校であれば中卒でも試験を受けることができます。

 またヘルパーの資格も中卒でも受験することができます。どちらも働きながら資格を取れます。自分がしたいことが決まれば仕事探しはハローワークや、今はウェブで仕事を探せる就職サイトや、仕事を紹介してくれる人材紹介会社もあります。是非利用してください。

まとめ
 ウェブで探せば今は中卒者向けの、就職情報サイトが幾つかあります。自分で職種や勤務地や給与などの条件で検索したり、就職のことを専任の担当者が色々と相談に乗ってくれる就職サイトもあります。知り合いやハローワークを通じて仕事探しをするのも良いと思いますが、就職情報サイトの方が求人の情報量も圧倒的に多く少しでも選択肢を広げたほうが賢明です。

豆知識:高校をやめても高認に合格すれば学歴が高卒になるって本当?

 親の離婚や経済的な事情や、学業がどうしても嫌で高校に進学しない方もいます。またなかには高校に進学しても苛めにあったり、学校に馴染めずに高校を中退する若者もいます。学校をやめても高校卒業認定試験を受験して合格すれば学歴が高卒になると思っている方もいるかもしれません。

 しかし高認は大学や、専門学校などを受験するための資格です。そのため試験に合格しても学歴は高卒ではなく、あくまで中卒のままです。そのためどうしても高卒という学歴が必要であれば、もう一度高校に入学するしかありません。

コメントを残す