高校、大学中退者は就職で不利になりますか?





Q.高校、大学中退者は就職で不利になりますか? 

高校、大学をいろいろな事情で中退した人がいるでしょう。お金、勉強についていけなくなった、他にやりたいことを見つけたなどの理由があると思います。

一般的に、中退した人間のイメージは、「中途半端な人間、最後までやり遂げられないから、うちの会社に入っても続かないだろう」と思われがちです。

しかし、家庭の事情で、学校を続けられなかった場合などは、「実力はあったかもしれないが、中退したのかもしれない」と考えます。そういう事情があるならと受け入れてくれる企業もあるかもしれません。

また、一度は就職したものの、自分のやりたいことではなかったと、一念発起して、何かを見つけてその方面に向かうために、学校を中退するものもいるでしょう。その場合は、不利というよりもむしろ、専門性がついていれば、それをいかした職業に就きやすくなるということもありえます。

しかし、ただ単に「学校に行きたくない、勉強が嫌だ」と考え、短絡的に中退した人間は、前述したとおりに企業からも「続かないだろう」と思われてしまいます。このように、中退者と言っても辞めた理由がとても大切になるということです。

では、目的もなく学校を中退した人はどうすればよいのか?ということになります。

企業側も、会社のシステムを早く理解して、会社の一員として働いてほしいわけですが、会社のシステムを覚える前に辞められたのでは困ります。なるべく、長く会社に勤めてほしいと願うでしょう。しかし、今の段階では、イメージのように思われてしまい、採用に至らないということになります。

そこで、目的をもって中退した人のように、スキルを身につけることにより、イメージが多少よくなります。今は、小学生からパソコン、英語などができるようになるカリキュラムになっているため、誰もができて当然と思われがちです。しかし、中退者は、それすらできないのではないかと疑われてしまいます。

そこで、スキルを取得することによって、「学校は中退したが、会社に勤めるうえでは問題ないだろう」と思ってもらわなければいけません。職種によっても違いますが、パソコン関連の検定類や英語などの語学の検定等を取得していき、少しでも、中退者のイメージを払拭していくことが、就職において有利にはたらくでしょう。

medal_01_new

nextminiリクナビNEXT [ニートの就活はまずここから]
next.rikunabi.com
あらゆる層に対応する総合求人サイト。
リクナビNEXTがおすすめの理由
詳しくはこちらで解説してあります。
ニートにリクナビNEXTをお勧めする理由とは