三流大学出の20代ですが、就職できるでしょうか?





回答:
 あなたは自分の出身校を三流大学といいますが、先輩たちはそれぞれの道で頑張っているはずです。それに少子化の影響をまともに受けている昨今の大学では、就職率を高めることに必死です。うかうかしていると大学倒産も現実化する時代です。
 ですから、たとえ既卒のあたなでも出身大学に就職サポートをお願いしてみればそれなりの情報やアドバイスが受けられるはずです。既に卒業してしまっていても、卒業生には違いないですから、あなたが就職できれば、出身大学の進学率が0.1ポイントでもあがります。そして新たな後輩の就職先候補をあなたが作り上げる可能性もあるのですから。
 また新設校でない限り、出身大学では既に卒業生を輩出しているでしょうから、それら先輩たちの頑張りのお蔭で○○出身大学の学生はまじめで頑張り屋揃いだ・・・等ということになれば、仕事探しも有利に働きます。まるっきり宛のない仕事探しより数十倍も効率のいい仕事探しになります。
 また今では、一流大学出といわれる学生も決して就活はとんとん拍子に運ぶわけではありません。一流といわれる全国の大学から一極集中的に志願者が集まるため、非常に難しい就活をクリアしなければなりません。
 その点、ある意味そういった超有名・人気企業から離れたところで仕事探しをする三流大学(質問者の言を借りれば)の方が採用される確率が高くなるといった傾向はいくらでもあるのです。
 というわけで、質問者様の仕事探しは、思ったより高い壁ではありません。ただ、総体的に仕事探しそのものが楽ではない中にあっては、転職支援サイトを利用することをお勧めします。リクナビNEXTやリクルートエージェントが評価が高いようですから、実際にサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す