20代転職で期待されることと求められるものとは?

1.企業の中での20代とは

 20代は、これからの成長にむけた未知数の部分が多く、キャリアチェンジがしやすい世代です。もちろん学校では、専門的な勉強をしたと言っても、それを社会の中で十分には活かしきれないのが現実です。そのため、自分が知らないことに貪欲にチャレンジできる年代だと言えるでしょう。入社当時は、社会人としてのマナーや、会社の中での立ち位置もないため、ひたすら仕事に慣れてマスターするために与えられた仕事をこなすだけとなります。

 しかし、その反面、常識や仕事の経験値が薄いために、斬新な提案ができるのも20代となるのです。おそらく、入社3年から5年ほどすると、これまで見えてこなかった自分や企業の将来性が見えてくるはずです。そこで、おそらくやりたいことも見つかるでしょう。20代の転職では、自分が勉強してきたこと以外の業界やジャンルでも、興味があったり、やってみたい仕事があれば転職を考えてみるのも良いでしょう。ただし、転職する場合には、安易に企業を決めるのではなく、十分に下調べをして、第三者に相談してからにしましょう。転職を繰り返してしまうのは、将来的に不利になるので気をつけましょう。

2.企業が20代に求めるものをどうアピールするか

 20代の転職で具体的に企業が評価することは、たくさんあります。まずその強みは、若さや将来に対するポテンシャルです。これは20代ではよく理解できないと思いますが、企業では、若いパワーやエネルギーといった体力、気力、行動力を評価します。そして、すでに企業でOJTを受けていることから、社会人としての常識も身についているため教育コストを節約できるメリットもあります。

自分をアピールするには:

・企業HPを確認して企業が求めるものと自分をマッチさせる
・自分がやりたいことが企業にどう貢献できるのか
・具体的な根拠や理由がある夢なら提案するとよい

3.まとめ

 転職する場合には、企業について調べてから、その企業の特徴や取り組みを評価して、将来的に自分はどのように貢献できるのかを夢や希望として自己アピールすると良いでしょう。ベンチャー企業などは、できたらいいなと思うような発想力がある人材が、その理由や根拠を書いて説得力が出るアピールする人材を採用することもあります。ただし、斬新さやユニークさが評価されるのは20代だということを認識して、現実に即した問題点などを挙げて解決策を提案するのもよいでしょう。

20代の転職で参考になるサイト
20代転職サイトナビ|転職で新しい一歩を踏み出そう