諦めるな!ニートが就職を成功させる方法

<意識改革で人生は変わる!>

 厚生労働省の調べで、現在の日本には60万人程度のニートが方がいるとわかっています。ニートの期間が長ければ長いほど、就職は困難になってきます。もし、あなたがニートを脱したいと少しでも思っているなら、意識改革が必要です。
今までのように、好きな時間に起きて好きな時間に寝る。他人の話を受け入れない。自ら行動しない。このようなところを改め、本気で人生を変えようという意識を持ってください。自分の人生を変えるのはあなた次第、覚悟と行動が必要なのです。

<ニートが社会復帰するために必要なこと>

 
 本気で社会復帰しようという覚悟ができたら、次は焦らずに一歩ずつ前に進むことを考えましょう。いつまでに就職しよう!こんな職業に就こう!と最初から決めてしまっては、それが叶わなかった時に失望してまたニートに逆戻り・・・ということになってしまいます。失敗してもいいのです。大事なことは、失敗を恐れずに何度でもチャレンジすることです。
では、具体的にどのようなことから始めればいいでしょうか。

ここがポイント
・生活を改善、集団生活に慣れる
・求人情報を徹底的に収集する

<生活改善、まずは規則正しい生活を!>

 まず、毎日決まった時間に寝て決まった時間に起きるように、生活リズムを立て直しましょう。引きこもっていて、体力が落ちているという方もいるかもしれません。きちんと食べ、適度な運動をして、社会人としてバリバリと働ける体力をつけることが大事です。また、コミュニケーション能力が落ちている場合は、集団生活に慣れるためにアルバイトから初めて見るのも良いでしょう。毎日びっしりの時間でなく、週に何度かアルバイトをして、その合間に就職活動をするのも1つの方法です。

<求人情報を集め、とにかく面接を受ける>

 ハローワークや就職サイトで、自分が興味のある仕事の情報をとにかく集めましょう。ニートの経験があると、どうしても企業側も採用に慎重になりますが、働く意欲のある人を求めているので、熱意を見せれば採用する価値があると思われます。
身だしなみをきちんと整え、どう熱意を見せるか考えをまとめて面接に挑みましょう。

本気でニートを脱出したいのならば、面接に失敗してもネガティブにならずに何度でも挑戦することが大事です。
諦めない気持ちを持って前向きに行動すれば、きっと道は開けるはずです。

ニートの為の就職情報サイト特選ベスト4

1位.ニートが知っておくべき、就職のための五箇条
ニート・フリーターの方にお勧めのサイトです。実際に就職成功した人のエピソードが記載されています。

2位.ハローワークインターネットサービス
ハローワークインターネットサービストップ(ニートで仕事をお探しの方)

3位.ニート就職支援サイト
就職する為のノウハウや就職体験が参考になるサイトです。

4位.ニート等の若者の職業的自立支援

フリーターは就職できない?本気で就職するための方法と2つの成功事例

脱・フリーターを目指して進む道

 厚生労働省の調べによると、フリーターの割合は年々増加し現在では労働者全体の3分の1を超え、過去最高の水準となっています。それに加えて若年者の転職希望者も増加し、フリーターにとって就職への道はまさに茨の道と言えるでしょう。
やはりフリーターは仕事への責任が浅い分、その経験が長ければ長いほど、社会経験のある転職希望者や新卒者と比べると就職活動においてハンデを背負うことになります。覚悟を持って他の人とは違う就職活動、フリーターの強みを活かした就職活動をすることが、成功へと導くカギとなるのです。
「フリーターは就職できない?本気で就職するための方法と2つの成功事例」の続きを読む…

高卒で就職する為やるべきこと、と面接時注意する3つのポイント

就職を考えるなら早い行動を

 学歴社会が進み、大学や専門学校への進学率が7割近くにのぼりますが、ここ数年は高卒者の就職内定率が上がってきています。これはリーマン・ショック後に採用を控えていた企業が求人を回復する傾向にあることや、ハローワークの職員が高卒者の支援に力を入れていることなどが理由にあります。
「高卒で就職する為やるべきこと、と面接時注意する3つのポイント」の続きを読む…

大学中退者が就職活動する際の注意ポイントと成功のコツ

大学中退就職

まずは自分を見つめ直してみましょう。

 いざ就職活動をするにあたって、まず一番大切なことは自分自身を見つめ直すことです。それは新卒であれ、中退者であれ何も変わりません。

 あなたは、どういった業種でどのような仕事がしたいのでしょうか。ただ、漠然と就職先を探してもなかなか良い結果は得られません。

 まずは、自分の適性ということを考えてみてください。好きな事や得意なこと、もしくはそうでなくても、これから是非やってみたいと思うこと、じっくりと考えて、まずはターゲットを絞ってみてください。そこからすべてが始まるのです。
「大学中退者が就職活動する際の注意ポイントと成功のコツ」の続きを読む…